移動革命!いまさら聞けないMaaSとは?わかりやすく解説

MaaS わかりやすく解説 

MaaS(マース)という言葉をご存じですか? ここ最近ビジネスシーンなどでも度々登場する言葉なので、何度かこの言葉を耳にした人もいるのではないでしょうか。 しかしながら、全く聞いたことがないという方もまだまだ多いかと思います。

この記事ではとにかくわかりやすく簡単にMaaS(マース)をお伝えしていきます。この記事を読んでMaaSに少しでも興味を持った人は是非ご自身でさらに調べてみてください。これから先の壮大なプロジェクトにきっとワクワクするハズです

MaaSとは

MaaS(マース)とは、Mobility as a Service(モビリティ・アズ・ア・サービス)の頭文字を略したものです。Google翻訳では「サービスとしてのモビリティ」と訳されます。

くるとぴ
くるとぴ

これだけでは何のことかさっぱりわかりませんね…

安心してください!
ちゃんとMaaSとはどういったものを指すのかという定義を、国土交通省が発表してくれています。

MaaS(マース:Mobility as a Service)とは、地域住民や旅行者一人一人のトリップ単位での移動ニーズに対応して、複数の公共交通やそれ以外の移動サービスを最適に組み合わせて検索・予約・決済等を一括で行うサービスであり、観光や医療等の目的地における交通以外のサービス等との連携により、移動の利便性向上や地域の課題解決にも資する重要な手段となるものです。

国土交通省 日本版MaaSの推進
くるとぴ
くるとぴ

何となくニュアンス位はわかりましたが、まだまだ分かりにくいですね…

大丈夫ですよ!
さらにかみ砕いてMaaSを説明します。

例えば自宅からスカイツリーを見に行きたい人がいるとします。
その場合、まず考え調べなければならないことは、

  1. 移動手段は?
    バス?電車?タクシー?レンタカー?etc…
  2. それぞれの所要時間は?
  3. それぞれの移動コストは?
  4. それぞれの予約作業

少なくともこの位は最低限調べなければならないでしょう。
しかし、MaaSが普及した世界ではこんな面倒な検索は必要なくなります

スマートフォンにはMaaS専用アプリが登場し、その中には公共交通機関を始め、レンタカー、シェアサイクル、ライドシェアなど、あらゆる移動手段が一元的に管理されています私たちは行きたい場所を指定するだけでAIが最適な移動手段を組み合わせ提示してくれます。そしてアプリ内ですべての移動手段の予約から、決済までが完了するようになります。

MaaS

交通手段を個別に個人が手配

MaaS

スマホアプリで経路検索・予約・決済まで一括

どうですか?イメージが湧いてきましたか?MaaSが普及することで、私たちの生活は格段に便利になります。

MaaSの取り組み事例

実は、ご紹介しているMaaSの取り組みが始まってる国が世界には既に何か国もあります。その中でMaaSの代表的な国としてよく紹介されているのが北欧のフィンランドです。この記事ではフィンランドの事例を、これまたわかりやすく、簡単にご紹介します。

フィンランドでのMaaS

フィンランドでは「ウィム(Whim)」という定額制MaaSアプリを用いたサービスが、2017年からヘルシンキで実用化されています。その利用方法は、

  1. 消費者はスマートフォンアプリ「Whim」をダウンロード。
  2. アプリで目的地を入力。
  3. アプリから複数のルートや料金が提示され、希望の経路を選択。
  4. 選択したルートの料金をアプリで決済。
  5. 選んだ経路にあわせて移動。

いかがですか?簡単5ステップで利用可能なんです。

くるとぴ
くるとぴ

しかし、これがなぜそんなに革新的なのかピンときていませんね!?

MaaSの重要ポイント

このMaaSのポイントは2つ!

1つ目は電車やバス、シェアサイクル等の複数の交通機関同士を繋げ最適なルートを考えられること。日本のよう多種多様な交通機関網が張りめぐらされた国でMaaSを実現しようとすると、それぞれの公共交通機関が持っている時刻表データやリアルタイムな運行情報をどのように共有するのか?これだけでもいかにハードルが高いかお分かりになると思います。

2つ目は料金の決済がアプリで完結すること。ユーザー目線で考えると、決済が個別では利便性は格段に下がります。 「ウィム(Whim)」 の場合は定額で使い放題のため、利用者は気軽に移動することができます。運営側としては複数の事業者への支払いをどのように管理していくのかのハードルがやはり高いのではないでしょうか。

MaaSで作られる社会

では、MaaSが普及・浸透した社会はどうなるのでしょうか?

AIオンデマンド交通の導入支援イメージ
国土交通省

移動手段としてのMaaSが普及してくると、病院や、美容室、ホテルなどの生活インフラと、観光サービスなどとの連携が始まります。移動+αの価値が提供されるようになり新たなビジネスチャンスが生まれてきます。

そうしてより多くのユーザーがMaaSを利用することで、多くの利用データが集約されることとなり、交通渋滞の緩和や、インフラ整備などの社会インフラと結びつくようになります。

結果的にこのMaaSの普及が、様々な社会課題の解決や地球環境への負担軽減などに貢献するのではないかと期待されているわけです。

まとめ

いかがでしたか?MaaSをわかりやすく、簡単に解説してきました。現在、フィンランドやイギリス、台湾ではMaaSが普及してきています。 日本においてはまだ一部エリアでの実験段階ですが、今後MaaS普及の波は確実に加速してくるでしょう。

MaaSに興味を持った人は是非ご自身でも色々と調べてみることをオススメします。近い将来必ず起こる移動革命にきっとワクワクするはずです!

この記事を読んで参考になった人は応援お願いします。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

くるとぴ

■30代会社員 2児のパパ。
■自動車ディーラー・中古車販売店へのコンサルティング会社で10年以上にわたり勤務。コンサルティングした企業は延べ300社以上
■その経験と知識を活かし、有益な情報を当ブログで日々発信

記事を読んで少しでも「役に立った!」や「クルマに興味を持った」などと思っていただければ幸いです。

お暇なときにちょくちょくと覗いてもらえると嬉しいです。

くるとぴをフォローする
クルマのトピック|注目の自動車業界ニュース
スポンサーリンク
くるとぴをフォローする
くるまのとぴっく くるとぴ
タイトルとURLをコピーしました