ETCが使えなくなる?ETC2022年・2030年問題について解説!!使用できなくなる車載器の識別方法も公開!!

ETC 2022年 2030年問題

電波法の改正により2022年12月1日以降、一部のETC車載器が使用できなくなることをご存じでしょうか?そして2030年以降には、さらに多くの車載器が使用不可となる見込みです。

2022年問題は少数への影響となりそうですが、2030年問題は多くの人が対象になっています。
この記事では2022年問題・2030年問題とは一体どのようなものなのか?そして使えるETC車載器と使えなくなるETC車載器はどこで見分けるのか?その方法を紹介していきます。

ETCの2022年問題とは?

ETCの2022年問題とは、電波法関連法令の改正により、2022年12月1日以降に一部のETC車載器が使用できなくなることを指します。

では、なぜ電波法の一部改正でETCが使用不可となるかというと、世界無線通信会議において、「無線設備のスプリアス発射の強度の許容値に関する無線通信規則(RR)の改正」が行われたことを受け、2005年12月1日から新基準での電波法が施行されました。その際に、旧規格で認証を受けた無線設備への経過措置として設けらた期限が2022年11月30日までのため、旧規格で認証を受けたETCが「2022年12月から使えなくなるETC車載器」ということになるわけです

スプリアスとは
無線設備において必要周波数帯の外側に発射される不要電波の一種。この不要電波の発射は、電波障害の原因となるため電波法により発射強度の許容値が規定されています。

2022年12月以降も利用できるETCか見分ける方法

                                                 Panasonic・スプリアス規格一覧表

2022年12月1日からは旧規格のETC車載器が使用できなくなります。一概には言えませんが、2007年以前に製造された旧規格のETC車載器については該当する可能性が高いです。

気になる利用できるかどうかの見分け方についてですが、正確には車載器管理番号や本体の外見からは判断することができないようです。そのため、国土交通省高速道路課は、「2007年以前のETC車載器については2022年問題の影響を受けるかどうか個別にメーカーへ問い合わせるように」、という趣旨の説明をしています。

そのため少し面倒ですが、2007年以前に発売されたETC車載器を利用している人は、各メーカーのホームページで確認、または直接メーカーに問い合わせをおこないましょう。主要メーカーのHPには2022年12月1日以降も利用できるかどうか機種一覧を設けてくれています。

より多くの人が対象となる2030年問題とは?

ETC2030年問題とはETCシステムのセキュリティ規格の変更による影響のことです。2022年問題のスプリアス規格の変更とは別要因によるものです。

セキュリティ規格とは、国土交通省が定めるETC(料金所・車載器・ICカード)について、盗聴・改竄等の不正防止を目的に定められた情報安全確保の規格です。昨今の情報機器の能力向上に伴うセキュリティ脅威の増大への備えとしてセキュリティ機能を向上させるため、遅くとも2030年には新セキュリティ規格しか使えないように変更しますというのが2030年問題です。
国土交通省によると、具体的な規格変更時期は現時点では未定ですが、ETCに重大なセキュリティ問題が発生した場合は、新セキュリティ規格への移行が前倒しになる可能性もありますので、早めにご自身が現在使用しているETCが利用できるかどうか確認をしておきましょう

2030年問題で影響を受けるETCの見分け方

2030年問題で影響を受ける旧セキュリティ規格のETC車載器の見分け方を3つご紹介します。

車載器管理番号で識別

取扱説明書や車載器本体に記載されている、19桁の管理番号がで見分けることができます。

19桁の管理番号が 「1」から始まっていれば新セキュリティ対応車載器。「0」から始まっている場合は旧セキュリティ対応車載器です。

                                   出典:国土交通省
                                 出典:国土交通省
                                          出典:国土交通省

ETCのロゴマークで判別

取扱説明書などがなく、車載器管理番号が確認できない場合はETC車載器に書かれているETCのロゴ部分をチェックすることで判別することも可能です。ETCロゴ下部分に「●●●」のマークがあれば新規格、なければ旧規格となります。

                                        出典:国土交通省

ETC2.0はカード挿入口付近を確認

ETC2.0の確認方法は、カード挿入口付近をチェック。カード挿入口近くに「■」のマークがないものが新規格で、このマークが印字されているものは旧規格となります。

新旧セキュリティ対応車載器判別方法④:車載器の識別マークで確認する。
                                           出典:国土交通省

まとめ

今や多くのドライバーにとってETCは必需品です。ETCに関する2022年問題と2030年問題を他人事と捉えずに必ず自分が使用しているETCを確認しましょう。

2022年問題に該当するETC車載器はごく少数なので、ほとんどの人にとっては心配のいらない問題ですが、2030年問題については影響を受けるETC車載器は多くあります。自分が使っているETC車載器が2030年問題にも対応できる新規格なのか、それとも旧規格なのか、今すぐチェックしましょう!

この記事が参考になったという人は応援お願いします。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
くるとぴ

■30代会社員 2児のパパ。
■自動車ディーラー・中古車販売店へのコンサルティング会社で10年以上にわたり勤務。コンサルティングした企業は延べ300社以上
■その経験と知識を活かし、有益な情報を当ブログで日々発信

記事を読んで少しでも「役に立った!」や「クルマに興味を持った」などと思っていただければ幸いです。

お暇なときにちょくちょくと覗いてもらえると嬉しいです。

くるとぴをフォローする
クルマのトピック|注目の自動車業界ニュース
スポンサーリンク
くるとぴをフォローする
くるまのとぴっく くるとぴ
タイトルとURLをコピーしました