クルマを安く買いたいなら「車庫証明」は自分で取る!手続きの仕方や必要書類を解説

車庫証明 書き方
くるま小僧
くるま小僧

できることなら少しでも安く車を買いたい

誰もがそう考えるのではないでしょうか?そのためにネットなどで情報を検索・比較し、お買い得な車を探す人も多いはず。しかしながら車を買う際には「諸費用」と呼ばれる、車の本体価格以外の費用が発生します。各種税金や、名義変更・車庫証明費用・車検整備費用などがそれにあたります。

各種税金については車毎に定められた税金を支払う必要がありますが、車庫証明費用や、車検代金には、実費分+代行手数料が含まれています。

この代行手数料を自分自身で動くことでカットできれば、最終的な車の購入金額を下げることが可能になるという訳です。

注意

代行手数料は販売店にとっては重要な利益確保の項目です。無用なトラブルを避けるためにも必ず商談時に販売店と交渉のうえ、許可を取ってからおこなってください。

今回は通常販売店におこなってもらう代行業務のなかでも、自分でおこなうことが簡単な「車庫証明」の手続き方法や必要書類を解説していきます。

そもそも車庫証明って?

正式名称は「自動車保管場所証明書」と言い、自動車の保管場所を証明する為の書類です
自動車を購入し、ご自身の車として登録する際に必要で、新車・中古車を問わず車庫証明の取得が義務付けられています

車庫証明 書き方 サンプル

車庫証明の取り方は?

車庫証明を取得するには、以下の手順で進みます。

1.必要書類の入手

最初に車庫証明の申請に必要な書類を用意しましょう。必要な書類は「自分」で所有している土地に保管するのか、「他人」(賃借駐車場)の土地に保管するのかによって必要な書類が変わる点に注意が必要です。

必要書類自分の土地に保管他人(賃借駐車場)の土地に保管
1 自動車保管場所証明申請書
2 保管場所標章交付申請書
3 保管場所の所在図・配置図
4 保管場所使用権原疎明書面(自認書)×
5 保管場所使用承諾証明書×
6 使用の本拠の位置が確認できるもの

申請書類は車を購入する販売店で貰えることが多いです。また、車保管場所の地域を管轄している警察署でも備えられています。もしくは警察署によってはインターネットでダウンロードすることができる場合もあります。

2.自動車保管場所届出書/保管場所標章交付申請書の記入方法

入手した書類に個人情報や車庫の必要な情報を記入します。この際、記入漏れや記入ミスがあると警察署で受理してくれません。何度も足を運ばなくても良いよう、記入例をよく確認しながら記入してください。

自動車保管場所届出書/保管場所標章交付申請書を警察署等でもらってきた場合は複写式になっています。インターネットでダウンロードして使う場合には、同じ内容を2つの書類に記入してください。

車庫証明 書き方 サンプル
  1. メーカー名だけを記入!※「プリウス」と書くと受付してくれません!
  2. 右詰めで記入。
  3. 上段は自動車の使用者の自宅住所、下段には車庫の住所を記入。※車庫は、使用者の自宅住所から2km以内である必要があります。
  4. 自動車の使用者の住所・氏名を記入。
  5. 車庫の所有者を選択。選んだものによって必要な添付書類が異なります。自己:自認書他人:車庫の契約者の写しまたは保管場所使用承諾証明書共有:共有者全員の使用承諾書

3.保管場所の所在図・配置図の記入方法

この書類は、保管場所について詳細を説明するためのものです。書き方については下記記入例を確認してください。

保管場所の所在図・配置図 書き方
  1. 自宅と駐車場の位置関係が分かる地図を作成地図を描くのが苦手な人は、別紙でGoogleマップなどの画像を印刷し、添付しておく方法でも可能です
  2. 敷地内での、駐車場の位置・駐車場所の幅や長さを記入。屋根がある場合には高さも書きましょう。道路と出入り口の位置も記載しておきます。

4.管轄警察署に車庫証明を申請

車を保管する場所の管轄警察署に行き、車庫証明の申請をおこないます。書類以外にも印鑑と手数料が必要にため、書類とともに忘れずに持って行きましょう。
書類を提出して申請が受理されると、「納入通知書兼領収書」がもらえます。この書類を後日車庫証明書と引換えるので、大事に保管しておいてください。
通常であれば申請から3~7日ほどで車庫証明書が交付されます。

5.車庫証明を受け取る

車庫証明の受け取り可能日が来たら、再度警察署に行って車庫証明を受け取ります。納入通知書兼領収書を渡し、手数料を支払うことで、車庫証明書とその他の書類が交付されます。
以下3点の書類がこの時交付されます。

・車庫証明書
・保管場所標章番号通知書
・保管場所標章(ステッカー)

これらの書類を受け取れば車庫証明の手続きは完了です。

この書類を車の購入販売店へ渡すことで、一連の作業は完了となります。

まとめ

いかがでしたか?車を少しでも安く買いたい場合、車両本体の値引きを頑張ることはもちろんですが、「諸費用」の中身を知っておくことでさらに安く車を購入できる場合があります。

車庫証明の場合は自分で書類を記入したり、平日に2回警察署に書類の受け渡しに行かなければならないなどの労力がかかります。販売店と交渉する際は、この労力を払ってでも安くかいたいか?はたまた、お金を払って代行してもらうのか?しっかりとメリット・デメリットを理解したうえで交渉に臨みましょう

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
くるとぴ

■30代会社員 2児のパパ。
■自動車ディーラー・中古車販売店へのコンサルティング会社で10年以上にわたり勤務。コンサルティングした企業は延べ300社以上
■その経験と知識を活かし、有益な情報を当ブログで日々発信

記事を読んで少しでも「役に立った!」や「クルマに興味を持った」などと思っていただければ幸いです。

お暇なときにちょくちょくと覗いてもらえると嬉しいです。

くるとぴをフォローする
中古車購入ガイド
スポンサーリンク
くるとぴをフォローする
くるまのとぴっく くるとぴ
タイトルとURLをコピーしました