どっちがお得?車の下取りと買取のメリット・デメリット徹底解説

車の買い替え時、あるいは不要になった車を手放す際など、少しでも高く売りたいと考えるのではないでしょうか

車を売却にはまず、「下取り」か「買取」かを考えなければなりません。どちらの場合でも、車を売ることに変わりありませんが、仕組みや売却額が大きく異なります。

今回は中古車の「下取り」「買取」のメリット・デメリットを解説していきます。

車の下取りと買取の違いは?

くるま小僧
くるま小僧

よく「下取り」と「買取」って聞くけど、実際なにが違うの?

くるとぴ
くるとぴ

車を売却する目的によって変わってくることが多いよ。

まずはそれぞれの特徴を説明するね。

下取りとは?

クルマの下取りとは車の買い替え時に、今まで乗ってきた車を購入店舗に同時に売却する方法を指します。下取りは新しい車の購入から、これまで乗ってきた車の売却まで合わせて同じ店舗に任せるため、購入と売却の手続きを同時に済ますことができ、手間を大幅に減らすことが可能です。

下取りのメリット・デメリットは?

メリット

  1. 手間がかからない
  2. 納車まで下取り車に乗ることが可能
  3. 購入する車の価格交渉に有利

下取りに出す場合の最大のメリットは『手間がかからない』ことと言えるでしょう。車の売却には複数の手続きや、書類が必要になります。下取りの場合は、購入と売却がセットになっているため、それらの手続きを同時に済ますことができ、手間を大幅に省くことができます。とにかく時間がない、面倒なことはやりたくないという人は下取りを選ぶことをオススメ致します。

また、購入した車の納車まで下取り車に乗っていられるというメリットもあります。代車やレンタカーを無料で貸し出ししてくれる販売店もありますが、多くの場合代車やレンタカー費用というものが発生します。下取り車に乗っておくことができれば、代車費用を払わずに済むためお安く購入することが可能です。但し、下取り査定時より大幅に走行距離が増えていたり、傷等が増えているなどした場合は、下取り額の減額などになる場合もあるため注意しましょう

さらに、下取り車がある場合は、購入する車と合わせて通常よりも強気に価格交渉することができます。その理由は、販売店は下取り車を中古車オークションや、自社で再販することができ、車両販売利益プラスαの利益が見込めるからです。そのため下取り車がある場合は通常よりも購入時の値引き幅を大きくしてくれる場合もありますので、ぜひ交渉してみましょう!

デメリット

  1. 買取よりも金額が低い
  2. 価格の比較ができない

デメリットとしては、単純な売却金額だけを比較した場合、後述する買取よりも安い金額となることが多いです。その理由は、下取り金額は中古車の買い取り相場が反映されにく傾向があり、人気車種・グレード・オプションであってもプラス査定になり辛く、買取よりも安値となるからです。

さらに、下取りに出す場合は査定を受けるのは購入店舗のみとなります。そのため、提示された下取り金額の妥当性がわかり辛く、実はかなり安い金額だったなんてことも・・・また、新しく購入する車の値引きと、下取り車の価格を調整することが可能なため、「めちゃくちゃ値引きしてくれた!」と思ったら、下取り価格を安くされ調整されていた・・・やその逆のパターンなど単純に下取り価格だけで比較し辛いといったデメリットもあります。

下取りに出す場合は、新しく購入する車の価格と、下取りする車の価格などを総合的に判断することが求められます

買取とは?

買取とは、買取専門店に車の売却のみをお願いする方法です。専門店に売却をするため、下取りよりも高い査定金額がつく可能性があります。

また、人気車種・グレード・オプションはもちろん、修復歴・走行距離など様々な要素を総合的に判断し査定をおこなうため、思いもよらぬ高額査定となることもあります。

買取のメリット・デメリットは?

メリット

  1. 高額査定の可能性
  2. 複数店舗で比較できる

買取の最大のメリットは、下取りよりも高く買い取ってもらえる可能性が高いことです。その理由は、査定の基準が中古車流通相場を前提としており、人気のオプションや装備、車両状態などを総合的に判断し、査定をしてもらえるからです。

また、最近では「買取一括査定サイトが広く普及してきたことで、買取店同士の競争も激しくなっており、これまで以上に高値で査定を受けられるケースが増えています。一括査定サイトを賢く活用することで、複数店舗の査定を同時に受けることができるのも買取のメリットと言えるでしょう。

楽天 無料愛車一括査定なら同時に複数社からの査定を受けられる他、自宅まで無料出張査定も行ってくれるため手間もかかりません。少しでも高値で売却したい方はぜひチェックしてみてください。

デメリット

  1. 手間がかかる
  2. 新しく購入した車の納車まで別の車を用意する必要がある

買取のデメリットとしては、下取りと比較して手間がかかることが挙げられます。下取りの場合は、購入した店舗だけの交渉で済みますが、買取の場合は新しく購入する車の手続きと、売却の手続きを別々でおこなうためそれぞれと交渉する必要があります。手間と時間をかけたくないという人には向いていないと言えるでしょう

また、買取店で売却をおこなう場合、査定額の有効期限が1週間程度となります。理由は上述した通り、中古車流通相場を前提としているため、非常にシビアな査定となっているためです。そのため、新しい車の納車まで代車・レンタカーを用意する必要があります。買取店に売却を考えている場合は、事前に購入店舗での代車貸し出しが可能かどうか?無理な場合はレンタカーの手配などをしっかりと準備しておきましょう

まとめ

下取りと買取の違いや、メリット・デメリットについて理解できたでしょうか?それぞれ目的に応じてしっかりと選ぶためにも、下取りに向いている人、買取に向いて人をご紹介致します。

下取りが向いている人

下取りが向いている人は、とにかく手間と時間をかけたくない人です。忙しくて時間が取れない人は、買取よりも購入と下取りが同時におこなえる方法を選択しましょう。

買取が向いている人

買取が向いている人は、少しでも高く売りたい人です。特に、人気車種・グレード・オプションがついた車に乗っており、車両コンディションも良好な人は買取店で売却することをオススメします。

もし今お乗りの車がいくら位なのか?疑問に思った方は、楽天 無料愛車一括査定をお試しください!査定だけでもOKですので、今のご自身の車の相場を知っておくことで、乗り換え予定の車のグレードを上げるこもできるかもしれません。今なら一括査定でもれなく楽天スーパーポイントもプレゼントされるので気軽に依頼してみてください。

また、愛車を高く売る5つのテクニックを公開していますので、合わせてチェックしてみてください。

いかがでしたか?それぞれメリット・デメリットありますが、目的によって使い分けるのがオススメしです。向いている条件をチェックし、自分に合った売却方法を選びましょう。

この記事が参考になったという人は、応援お願いします。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
くるとぴ

■30代会社員 2児のパパ。
■自動車ディーラー・中古車販売店へのコンサルティング会社で10年以上にわたり勤務。コンサルティングした企業は延べ300社以上
■その経験と知識を活かし、有益な情報を当ブログで日々発信

記事を読んで少しでも「役に立った!」や「クルマに興味を持った」などと思っていただければ幸いです。

お暇なときにちょくちょくと覗いてもらえると嬉しいです。

くるとぴをフォローする
愛車売却ガイド
スポンサーリンク
くるとぴをフォローする
くるまのとぴっく くるとぴ
タイトルとURLをコピーしました